埼玉県 川口市の皮膚科 医療法人社団彩光会 川口スキンクリニック 【一般皮膚科・形成外科・レーザー治療他】
ホーム > 東と西と



 東と西と


投稿:院長

食事に肉じゃがが出た。
関東に来て九州との違いに驚いたことがいくつかあったが、食生活で驚くことが多かった。
九州の食生活は割と関西に近く、肉じゃがといえば牛肉であった。それが当たり前というか、豚肉での肉じゃがなど考えたこともなく、一種カルチャーショックだった。

食生活で相方(嫁)とプチバトルになったのが餅は丸いか四角いか問題である。概ね長良川以西が丸餅で、それより東が切り餅といわれているようで、当然私は餅は丸餅だと思っている。一方相方は関東出身なので丸い餅は変だという。
つきたてをすぐに丸められるから丸餅だといえば、伸ばして切れば同じ形に大量生産が可能で合理的だ、という。
鏡餅は丸いじゃないかといえば、しばし考えたあげく菱餅は四角いと切り返してくる。・・・あれは餅かといいたいが・・・

話を戻して肉じゃがだが、自信を持って牛肉だと言い切りたい。
肉じゃがのきっかけと言われているのが乃木将軍である。
彼がイギリスの軍艦に招かれたときに出た食事にビーフシチューが出たらしい。それが大変気に入った乃木将軍が自分の料理人に同じようなものが作れないか話をし、牛肉と、にんじんとジャガイモとが一緒に煮込んであったという非常に大雑把な情報で作ってもらった結果があれであるらしい。
もちろんビーフシチューとは似ても似つかぬものであるが、それはそれでおいしいので肉じゃがとして定着したという話である。(本当かどうかは全く知らないが)
とすれば、事肉じゃがに関しては牛肉が正統派とすべきではないだろうか?


2019年9月17日(火)
<<
2019.9.16
3者面談の結果 >>
2019.9.18



はじめのページに戻る



医療法人社団彩光会 川口スキンクリニック
〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-7-1 かわぐちキャスティ6F
048-255-4618

Copyright (c) Kawaguchi Skin Clinic All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933